山中造船株式会社

お問い合わせ

エコSHIP

省エネ機器

省エネ機器を含む標準化により船価格低減

「省エネ丸」は省エネ機器を含む標準化により、在来船に比べ船価を低減することができるほか、設備更新などのメンテナンス費用が抑えられます。
さらに「新型熱媒式排ガスボイラー」、「エラ船型」の省エネ効果を「マイレージモニタ」で適時に確認でき、また、低出力での運行管理も可能となり、年間で数百万の燃料費が削減できます。

新型熱媒式排ガスボイラー

新型熱媒式排ガスボイラー

新型熱媒式排ガスボイラー

従来C重油の加熱に電気ヒーターを使用していましたが、そこで消費する電力は航海時電力量の約1/4を占めていました。この新型熱媒式排ガスボイラーでは燃料油・潤滑油の加熱に排ガスを利用し、最大約45kwに相当する電力が削減でき、従来の発電機も1ランク下げる事が可能になりました。

この省エネ効果は年間180日航海した場合、A重油を約43Kl削減できます。

省エネを見える化する「マイレージモニタ」

マイレージモニタ

マイレージモニタ

「省エネ丸」に標準装備している「マイレージモニタ」は航行距離や燃費計算、載貨重量などの換算値を表示。

運航管理および燃費管理の重要な情報源となります。